マイ・プラグインを最初に読み込むようにする

前回「マイ・プラグインを最後に読み込むようにする」を作りましたが、これは 他プラグイン用の「アクションフィルター」や「アクションフック」を動作させるために最後に読み込むようにしていました。 しかし、他のプラグイン内部の 定数 等をプラグインに直書きせずに「my-plugin」等で 変更したい場合ではそのプラ…

プラグインが 利用中の WordPressバージョン で動作確認済かチェックして警告する

WordPressはバージョンアップするけどプラグインはそのままなケースが割と多く見かけます。 すぐ対応(動作確認してバージョンアップ)してくれるプラグインもありますが、それ以外のプラグインは動作確認済なのかどうかはすぐにはわかりません。 たいていのプラグインは問題なく動作していますが 動作確認済かどうかは…

WordPress AMPプラグインをいろいろ改造してみる

前回、「WordPress AMPプラグインを使って サイトをAMP対応にする」でAMPプラグインを紹介しましたが今回はさらに自分のサイトに合うように改造していくためのアクションフックやアクションフィルターを紹介します。 不動産プラグインでも以下のフックやフィルターを使ってAMP用のプラグインを開発していま…

WordPress AMPプラグインを使って サイトをAMP対応にする

Googleは、モバイルページを高速化する AMP(Accelerated Mobile Pages) に対応したサイト検索を開始しました。 AMP は AMP HTML 仕様に沿って作成する必要があります。サイトをAMPに対応させる場合、独自のタグの記述方法や 使えるタグの制約が多いので、自分で対応させる…

WordPress 記事入力フォーム(ビジュアルエディタ) にプレースホルダをつける

特に今まで気にしてなかったのですが WordPressの記事投稿ページで、タイトル入力欄にプレースホルダーテキストがあるのに本文入力欄にはありません。 (※プレースホルダーテキスト=あらかじめ入力欄内に表示することができるテキスト) 普通に投稿として使う分には本文入力欄にプレースホルダの必要は無いと思います…

テーマカスタマイザー上のウィジェット設定でも options にも登録できるようにする

オリジナルウィジェットを作る時に、ウィジェット内で項目の設定値を他の場所で連動して使いたい時があります。その場合、項目の値を options に登録しておくと他の場所で使う時には get_option() で簡単に呼び出せますので、この方法はよく使われています。 しかし、テーマカスタマイザー上で ウィジェッ…

レンタルサーバーを使ってるなら「WP Fastest Cache」プラグインが丁度よさそう

WordPressで使えるキャッシュプラグインは沢山ありますが、会員制サイトやモバイル対応などの理由で導入できなかったり、バージョンアップ時にトラブルが出たなどの話を色々聞いて、利用するのを控えている方もいるかもしれません。 大規模な(アクセスが多い)サイトの場合は、クラウドサーバーなどで複数構成や高機能な…

マイ・プラグインの更新を非表示にする

「自分専用のマイ・プラグインを作ってみませんか」とおすすめしましたが、これは 「WordPressプラグインディレクトリ」に登録するのではなく、自分のサイト環境にあわせたPHPのコードを入れる為のプラグインです。 プラグイン名(my-plugin)は、自由につけてもいいのですが、もし 誰かが同名のプラグイン…

RSS Footer が使えなくなったのでRSSフィードに署名とリンクを追加するコードを作りました。

WordPressのRSSフィードに署名とリンクを追加する事ができる「RSS Footerプラグイン」が今回のバージョンアップ(ver.0.9.9)で使えなくなりました。 「WordPress SEO by Yoastを使ってください。」 という旨の事が書いてありますが「WordPress SEO by Y…

WordPress Download Manager でダウンロードされた時に、メールを送るようにする

WordPressでファイルをダウンロードできるようにするプラグインはいろいろありますが「WordPress Download Manager」は、わりと使ってる方は多いのではないでしょうか。 ファイルをダウンロードさせる目的はいろいろでしょうが、ダウンロードされたらすぐ知りたい事ってありませんか?。 例え…