WordPress (自分専用)マイ・プラグインを作ろう

myplugin_5WordPressでサイトを作る時、機能を追加・変更するために PHPのコードをテーマの functions.php に よく入れてませんか?
そんな場合、テーマをバージョンアップして消してしまったり、後日 触ったところを忘れてわからなくなったりしていませんか。

そこで 自分専用のマイ・プラグインを作ってみませんか。

テーマに直接関係あるもの以外は、たいてい こちら(my-plugin)へ入れても大丈夫だと思います。コードをミスして画面が真っ白になっても、FTPで my-pluginフォルダ を消したらたいてい復活します。
これで作るのも怖くないし簡単で整理もしやすいかと思います。(その時はバックアップは必ずとってくださいね。)

my_plugin-1

 

プラグインの作り方

① FTPで wp-content/plugins フォルダに my-plugin フォルダを作ります
② テキストエディタで my-plugin.phpファイル を下記を参照して新規作成し my-plugin フォルダへアップロードします。
③ WordPress管理画面で my-plugin を有効化 してください。
以上です。

my-plugin.php の内容は下記のようにしてください。

<?php
/*
Plugin Name: my-plugin
Plugin URI:
Description: My Plugin For WordPress.
Version: 1.0.0
Author: 
Author URI: 
License: GPL2
*/


// ここからコードをいれてください。

*ファイルは日本語を使う場合は UTF-8N形式(BOM無)で 保存してください。
*フォルダ名、ファイル名も他のプラグイン名と被らなければ自由です。(日本語はだめです)
*Plugin Nameとか他も自由に名前をつけてください。

Plugin Name: プラグインの名前
Plugin URI: プラグインの説明と更新を示すページの URI
Description: プラグインの短い説明
Version: プラグインのバージョン番号。例: 1.0.0
Author: プラグイン作者の名前
Author URI: プラグイン作者の URI
License: ライセンス名の「スラッグ」 例: GPL2

 

最初に入れておきたいコード

まずは次の記事を読んで、このコードを入れてみましょう。

マイ・プラグインを最後に読み込むようにする
(以下のzipセットには入っています。)

マイ・プラグインの更新を非表示にする
(以下のzipセットには入っています。)

 

ダウンロード

作るのが面倒な方は、zipセットを作りましたのでこちらからどうぞ。

 


 

参考

プラグインの作成 – WordPress Codex 日本語版