WordPressの不要な機能を停止する

WordPressの不要な機能を停止する
WordPressは短期間でバージョンアップをしながらさまざまな便利な機能が追加装備されています。その中にはサイトの内容や構成によっては使わない機能もあります。そのまま使わないだけならいいのですが不要なスクリプトやCSSを読み込んだりするのもありますので、スッキリ消したくなってきますよね。
そこで最近 WordPressに追加された機能の停止方法をご紹介します。

 

emoji (💩x1f4a9)

WordPress4.2から実装されました。
「絵文字は使わないよ」という場合、標準でロードしている 絵文字用のスクリプト や CSS も不要になります。
emojiのスクリプト

Disable Emojisプラグイン https://wordpress.org/plugins/disable-emojis/
wordpress_remove_01
Disable Emojisプラグインを使うと不要なスクリプトは読み込まれなくなってスッキリします。

 
 

Embed

WordPress 4.4 から 他サイトの記事を引用埋め込みできるようになった「Embed」


WordPress4.4から実装されました。Embedはブログカードのようなもので 他のサイトに張り付ける事ができます。しかし もしかしたらそのサイト(Embedが張り付けられたページ)が アクセスが多い場合はこちらにも負荷がかかります。
またWordPress4.5から仕様が少し変更されてIE(11)ではEmbedの本体が表示しなくなってます。

「Embedは不要なので動かなくしたい」という場合は以下のプラグインをインストールしてみてください。

Disable Embedsプラグイン https://wordpress.org/plugins/disable-embeds/
wordpress_remove_04

 
 

Responsive Images

WordPress4.4から実装されました。記事本文内の imgタグに 自動的に 「srcset」タグが追加され、複数の画像サイズがセットされます。
あわせてメディアアップロードされた時に生成される画像サイズが「thumbnail,medium,large」でしたが WordPress4.4から $content_widthにあわせたサイズで生成する「medium_large」が追加されています。

img コードのサンプル

投稿編集画面は普通の img タグですが
<img class="alignnone size-large wp-image-11" 
src="http://ドメイン/wp-content/uploads/2015/10/kabegami1_1360-1024x578.jpg" alt="kabegami1_1360" width="840" height="474" />

公開画面では srcset が自動で追加されています。
<img class="alignnone size-large wp-image-11" 
src="http://ドメイン/wp-content/uploads/2015/10/kabegami1_1360-1024x578.jpg" alt="kabegami1_1360" width="840" height="474" 
srcset="http://ドメイン/wp-content/uploads/2015/10/kabegami1_1360-300x169.jpg 300w, 
http://ドメイン/wp-content/uploads/2015/10/kabegami1_1360-1024x578.jpg 1024w, 
http://ドメイン/wp-content/uploads/2015/10/kabegami1_1360-1200x678.jpg 1200w, 
http://ドメイン/wp-content/uploads/2015/10/kabegami1_1360.jpg 1360w" sizes="(max-width: 840px) 100vw, 840px" />

これでレスポンシブなサイトでサイトの幅によって表示される画像が最適化されます。
しかしテーマのレスポンシブの設定によってはタイミングが違ったり、間違ったサイズの画像が表示されてしまう事があります。
そこで「Responsive Images」機能を停止させるには 以下のコードを my-plugin.php に張り付けてください。

/*
 * Remove Responsive Images.
 *
 * @package WordPress4.4
 * License: GPLv2 or later
 */
add_filter( 'wp_calculate_image_srcset_meta', '__return_null' );
remove_filter( 'the_content', 'wp_make_content_images_responsive' );

 



 

集中執筆モード

WordPress 4.1 から実装されました。集中執筆モードとは、記事の入力作業に集中できるように左右のサイドバー等入力以外の部分を一時的に見えなくする機能です。

集中執筆モード中にカーソルが外に出たりすると一時的に集中執筆モードから外れたりします。また集中執筆モードから外れても、また入力しだすと集中執筆モードになります。

これを繰り返すと目がチカチカしてきますので集中執筆モードを停止するには、画面右上のタブ「表示オプション」をクリック、「最大行表示エディターと集中執筆モード機能を有効化します。」のチェックを外してください。
集中執筆モード機能を有効化

 
 

参考

WordPress 日本語 WordPress 4.5 “コールマン”
https://ja.wordpress.org/2016/04/14/wordpress-4-5-coleman/

WordPress 日本語 WordPress 4.4 “Clifford”
https://ja.wordpress.org/2015/12/10/clifford/

WordPress 日本語 WordPress 4.3 “Billie”
https://ja.wordpress.org/2015/08/19/billie/

WordPress 日本語 WordPress 4.2 “Powell”
https://ja.wordpress.org/2015/04/24/powell/

WordPress 日本語 WordPress 4.1 “Dinah”
https://ja.wordpress.org/2014/12/19/wordpress-4-1-dinah/